ディフューズに

Posted on

アロマオイルの色々な使い方、ご紹介していきますね。

一番簡単な使い方は、ディフューザーに数滴垂らし、部屋中に香りを放ちます。

精油の成分は、空気中で、匂いの分子やウイルスなどに対抗します。良い香りを上書きするのではなく、殺菌・消臭して香りを残します。

空気中に舞った精油の成分を呼吸から吸い込むので、精油に慣れるのに一番お勧めの使い方。

人の嗅覚受容体は396種類と言われ、その受容体の組み合わせによって匂いの感じ方が変わります。嗅覚受容体を通して受け取る香りの刺激・記憶が快になるほど、受け入れられる香りが増えてきます。香りを快に感じることが増えてきます。

香りの記憶の心地よさが増えるほどに、精油の香りが大好きになっていきますよ。

香りを使う時は、少量から。そして、お体に遠い部分から。徐々に慣らしていってあげてくださいね。ご家族などに、慣れさせてあげるのにも、ディフューズはおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です