赤色の時代から白色の時代へ

Posted on

赤は情熱の色。外へ出て、多くの人に出会い、交わり、愛のうたを奏でる。

今、与えられているものは、終わるための、諦めるためのチャレンジ。

体中で味わいきって、解き放つ。

両極の端と端を限界まで味わうことで、身にすることもできれば、不要なことに気づくこともできる。

真っ白に、透明な鏡を手にするには、心のすみずみまで体中を舐め尽くすように、

じっと見つめ、受け入れること。

すべてを含み、もうこれ以上受け入れることができないと、すべて光を跳ね返す色が、白色。白の対極にある黒色は、すべてを受容し受け入れる色。

光と影があるように、黒い私を受け入れていく。その対極に真っ白な光が放射される。


クリアに軽やかに華やぎ、羽の微細な振動で空気が揺れて、

内側が目の前に映し出されるサイクルが早くなってきます。

時代の流れが赤から白へ。変わろうとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です