天使と繋がる意味

Posted on

物質はそれぞれが固有の周波数を持っています。人の骨や内臓も、それぞれに周波数を持っています。

※周波数とは、電波や光などが一秒間に何回向きを変えるかという振動数のことを言います。

そして人の肉体、感情、精神と順に周波数は高くなり、その高い部分・・・上流の部分からのアプローチをしてあげることで、根本からの治癒、変化が期待できます。

感情にも重たい感情と軽い感情があります。

嫉妬や憎しみなどは重く、喜びや愛はとても軽いんです。

だからといって、重たい感情が悪くて不要なもの・・・というわけではなくて、すべてのものがプラスとマイナスの両極がなければ電気を発電することができないため、必要なもの。

発電するという目的へと向かっています。

同じ周波数を持っている2つの音叉は、片方の音叉を鳴らすことで、もう一方の音叉の音も鳴らすことができます。

天使たちはとても高い周波数を持っています。

ですので、天使の領域と繋がっていくことで、自分の中に眠っている潜在的な高い周波数が呼び覚まされます。

そしてそれは自分自身の波動を高め、マイナス極のエネルギーをより高次な領域へと引き上げること、マイナス極を利用することで逆に大きくエネルギーアップすることも、助けてくれます。

周波数の高い部分からのアプローチは、感情体、肉体へも作用して、根っこからのケアをすることができるんです。

もちろん、低い周波数の部分・・・肉体的なケアや感情の扱いもとても大切。

体や心と付き合いながら、エネルギーの部分へのアプローチをしていくことが、とても大切。

そのひとつに、天使との繋がりは、私たちの精神性を高めたり、無条件の愛へと向かうための成長を助けてくれます。

(天使に対してネガティブな感情を抱く方は、この手法は向かないかも^^)

波動の調整には、エンジェルのアチューメント、レイキのアチューメント、ヴィーナスヒーリング、レムリアンヒーリング、ボディートークなど、色々なアプローチができます。科学で説明のつかないこと、説明のつくこと、その狭間の感覚をぜひ味わってみてくださいね♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です