スカーレッド

Posted on

スカーレット

緋色と呼ばれる・朱がかった赤色です。


赤よりも強さを感じるのは、人の手が加わっている色のような気がするから。


怒り・恐れ・爆発的な情熱の火が炎となり、灰が飛び散り、洗練された形が残る。

時にそれは誰かを傷つけたり、愛する人を失うことかもしれない。

本能とぶつかり、越えた時に、残るもの。



情熱は誰のなかにでもあるから。
そんな風に、まるで打たれているかのような力強さが伝わってくる。

愛は暴力だと思う時がある。
めちゃめちゃに壊して、壊されて。
人は壊れたら機械のように直らないのに。
それでもなにかを壊したくなる衝動が、きっと本能の中に宿っているね。



私は不思議と、スカーレットの中にマゼンタの光が見えるよ。
高次元のマゼンタの光が地上で物質化した色。
痛みが形を作っているから、ここで形を保っていられるんだよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です