次元を越える力

Posted on

マヤに出会って7年目になる。

それまでに私は、生まれた日付や時間でわかる個性診断や占星術のようなものに触れる機会が多くあった。子育ての大先輩たちから、親と子の個性が違うから、その違いを認識して、その子どもにあった育て方をしてあげなさいと教わった。

例えば自由にのびのびとした環境の中で伸びる子を縛り付けない、反対に、いつも目配り気配りを求めている子どももいる。

だいたいの親が自分の持っている本質の物差しで子どもを育ててしまうから、それは個性を潰してしまうことにもなりかねないのだ。

この本質って、当たってるとか全然当てはまらないとかそんなものではなくて、もうすでに決まっているものだから、もし違うと思うのならばそれは自分を生きていない証だ。

その後私は、環境によって、随分と自分でないものを目標として生きてきていたのだということを知ることになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分の個性を知って、子どもの特質を知ることで、こんなにもひとりひとりの持っているベースが違うのかということに唖然としたと同時に強く興味を持った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんな中、今の先生である一十博士に出会うことになる。マヤを伝えている人、魂のミッションを教えてくれる人、NASAからやってきた人。それくらいの情報しかなかったけれど、周囲の人が心から勧めてくれた。

セッションの始まる前、その出会った瞬間に愛の波動に涙が止まらなくなって、本当の私の声、私の思い、私の望みが溢れてきた。本当は悪いことや悪い人っていなくって、この世界は愛そのもので、美しい花畑が広がっているような世界だと思う。バカみたいだけど本当に初対面の人に、こんな風に泣きながら話した。

初めに感じたこの思いが数年経過してもずっと続いていて、今でもまるで恋でもしているかのようにこの神秘的な世界に夢中になっている。

魂に刻まれた言葉を胸に日々過ごす中で、このエネルギーが毎日の中にどんな風に流れていて、どんな風に私たちの感情を動かし、どんな風に物事が起きていくのか、意識的に感じるようになった。マヤの言葉のキーワードには、鮮明に思考と感情とスピリットで受け取るような目に見えない世界と見える世界を繋ぐ橋渡しの力が与えられていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マヤを一言で言うとエネルギー。もう少し付け足すと、言語化することのできるエネルギーと言ってもいいかもしれない。

この本質のエネルギーの観点から世界を眺めてみて欲しいと思う。本当の能力を受け取り、役立て、活かしていくことはきっとこの上ない喜びだ。

それでも私は自分の本質を表す紋章である太陽をやめたいって、また泣くのだと思うけれど。笑

2 Replies to “次元を越える力”

  1. エネルギー、言葉は聞きますが、言語化できる素敵ですね。
    その状態を感じたいです。

    1. 高木えり子さま 言霊といいますものね^^えりこさまの感じる力も、きっと活かされていかれますように^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です