心のチューニング

Posted on

人も楽器と同じく、日々心を整えることで、最高のパフォーマンスが発揮できるようになる。

息子のギターのチューニングをしながら、調律するってあぁなんて難しいのだろう・・・と。

自身の心のアンテナに、音を合わせていく。

保守点検とメンテナンスは、人にとっても欠かせない。

ギターなら毎回チューニングするのに、人になるとそれが疎かになるのは、人には自分自身の力で自然と治る力があるからだ。

指を切っても、すぐに血小板が仕事をして、血液を止めてくれる。

自然と調整できるからこそ、音合わせが疎かになる。

・      ・       ・

私は自分が一般的に見て調律されているか・・・というと、怪しい。

日々心が揺れて、揺さぶられ、しょうもないことで泣いている。

不安定になったり、素直じゃないことを言ってみたり、好きなのに嫌いと言ったり。

でも、苦しい、どうして?と思うことが自分のエッセンスの中にあることを知っているから、ある意味、これがわたしのちょうど良い音。

自分にしかわからない本当の自分の音がある。

その音を見つけて、聞くことで、調整することができる。

私はボディートークなんかを通して、アンテナを合わせて調律する作業にハマっている気がする。

優しい手で合わされた音からは美しい音が奏でられる。

人の手に触れただけ負荷がかかるから狂っていくもの。それだけ大切に奏でられた体を愛おしく、慈しむ気持ちで、調律してあげたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です