Sequana(セクアナ)について

Posted on

サロン名のセクアナはケルト神話に登場する清らかな水の癒しと美のケルト川の女神です。

女神セクアナは、祈り、瑞々しさ、幸福、治癒、変容を意味し、

水しぶきのシャワーと共に女神セクアナが訪れると、広げられた両手には祈りが受け入れられ、

治癒とあらゆる喜びがもたらされると言われています。

喜びに満ちた人生の航海を象徴するボートには、聖なる動物としてアヒルの彫刻が刻まれ、

フランスの風習では、そのボートに願いを乗せて、反対の岸にいるパートナーへと向かって、

そのボートを解き放ちます。

セクアナへ願いを乗せることで、

目的達成のための幸福とやる気のエネルギーが呼び出されるのです。

セクアナの泉と呼ばれる泉は、フランスブルゴーニュ地方のディジョンの北西にあるシャティヨン高原の谷にあり、紀元前2世紀頃まで存在していました。

そこは癒しの聖地として、その水は身体の病気、特に目の病気を治すと信じられていました。

そのサンクチュアリーは後にローマ人に引き継がれ、二つの寺院を立て、礼拝を続けました。

そこには多くの巡礼者が訪れ、肉体の癒しが施されたそうです。

ここフォンテスセクアナでも、

癒しと治癒の力と普遍の美しさをご提供するメニューをご用意しています。

尽きることのない泉へと向かうように、

ぜひお気軽に足をお運びくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です